大衆受けする消費増税の延期は、低年金や無年金に苦しむ人たちから希望を奪う。だが社会保障の劣化はこれからが本番。年金受給額のさらなる下落に見舞われる。高齢者の2割を貧困老人が占め、借金は孫より先の世代に先送りされる。