(イラスト=北沢 夕芸)

 5月13日朝、中国初の国産空母が遼寧省大連の港から初めての試験航海に出た。旧ソビエト連邦製の空母を購入して就役させた「遼寧」に次ぐもので、2019年にも就役するとみられている。

 試験航海に出る2週間ほど前の4月下旬、国産空母が見える港近くには数人の見物客がいた。「思ったより大きくないね」などと話しながら、甲板に傾斜がある独特のフォルムの艦船を思い思いに撮影していた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1842文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 米中100年 新冷戦」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。