テクノロジー大国を目指す中国に貿易面で揺さぶりをかける米国。だが、報復関税をちらつかせるやり方に米企業にも困惑が広がる。まだジャブの応酬の段階だが、最前線では既に被害が続出している。

鉄鋼・アルミ関税の報復として中国は米国産豚肉に高関税を課した

 森と丘に囲まれた米テネシー州北西部。林道のような一本道をクルマで15分ほど上ると、探していた場所にたどり着いた。この地で養豚業を営むトッシュ・ファームの養豚場だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6099文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 米中100年 新冷戦」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。