ついに米中貿易戦争の悪夢が現実のものとなるのか。トランプ大統領は7月から500億ドル相当の中国製品に制裁関税を課す。それに対し、中国はすぐさま対抗関税を発表。「自由」と「豊かさ」に触れれば内部から変わると米国は夢想したが、中国は自由貿易のメリットを享受しつつ独自モデルを磨き上げた。そして今、先端技術や軍事の面でも米国を脅かそうとしている。怒りのトランプはなりふり構わぬ姿勢で中国を追い込む。制裁関税だけでなく北朝鮮の非核化を巡る動きもその一断面だ。今世紀を通じて続く超大国と挑戦者の「新冷戦」はこれからが本番だ。

(ニューヨーク支局 篠原 匡、上海支局 小平 和良、バンコク支局 飯山 辰之介)

トランプ大統領の怒りの根源
●米国の貿易赤字の推移
注:季節調整済み、モノの貿易赤字 出所:米商務省国勢調査局

CONTENTS


日経ビジネス2018年6月25日号 20~21ページより目次