日本企業の大半で、社長選びは現社長の専権事項になっている。「後を頼む」と言い渡す。現社長に引き立てられた人材ばかりで構成される取締役会は、その人事案を全会一致で賛成する。その後の記者会見で新社長が「後継指名は青天のへきれきでした。まずは前任者の路線を踏襲し…」と発言するのは、もはやお決まりだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1180文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 ストップ暴走社長」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。