米国ではアクティビスト(物言う株主)の存在感が高まり、企業に取締役を直接派遣する動きが広がる。投資家との対話こそ、自社の欠点を見つけてガバナンスを強化し、企業価値向上につなげる第一歩だ。