米国ではアクティビスト(物言う株主)の存在感が高まり、企業に取締役を直接派遣する動きが広がる。投資家との対話こそ、自社の欠点を見つけてガバナンスを強化し、企業価値向上につなげる第一歩だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4415文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 ストップ暴走社長」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。