相次ぐトップ人事を巡る騒動は、カリスマ経営者でもトップの座は安泰ではないことを世間に知らしめた。「裸の王様」にならないためにガバナンス改革に取り組んできた6社のトップが、背景にある事情を告白する。