「創業家とファンドが結託して、私を追い出すようなことはないだろうか」企業のIR(投資家向け広報)活動を支援しているジェイ・ユーラス・アイアールの岩田宜子社長に、経営者からの相談が舞い込んでいる。カリスマ経営者として長らくセブン&アイ・ホールディングスのトップに君臨してきた鈴木敏文氏が、会長兼CEO(最高経営責任者)の退任を表明してからのことだ。