「創業家とファンドが結託して、私を追い出すようなことはないだろうか」企業のIR(投資家向け広報)活動を支援しているジェイ・ユーラス・アイアールの岩田宜子社長に、経営者からの相談が舞い込んでいる。カリスマ経営者として長らくセブン&アイ・ホールディングスのトップに君臨してきた鈴木敏文氏が、会長兼CEO(最高経営責任者)の退任を表明してからのことだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1835文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 ストップ暴走社長」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。