知られざるスタンド会社が、輸入への風穴を開け、企業からの取引依頼が殺到する。一体化に向かう石油業界──。国を挙げた不沈艦隊の鉄壁の守りが崩される日は来るのか。

中川物産がコスモ石油から購入した名古屋港のタンク群。敷地内に港湾も備え、自社タンカーなどの船籍が海外からの石油製品を運び込む

 それは、掟破りのはずだった。

 名古屋港の一角に並ぶ23基の石油タンク。それを所有するのは、一般には無名の中川物産というコスモ石油系列の石油販売会社だ。

 しかし、業界でその名を知らぬ者はいない。

 「権太」。元売りは、価格破壊の先頭を突き進む業者をそう呼んで、玉が流れないよう陰に陽に妨害を続けてきた。その権太の代表格が、中川物産だった。

 2強時代が到来し、業転玉が絞られる今、にわかに注目を集めている。その理由が、このタンクに隠されている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4082文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 石油再編の果て」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。