薄利経営に身をやつした結果、製造現場は疲弊し、製油所での事故が急増している。日本の生産現場が脆弱になる一方で、隣国では巨大な最新設備がうなりを上げている。

<b>1月22日、潤滑油の製造設備から出火した旧東燃ゼネラル石油和歌山工場(現・JXTG和歌山製油所)。周辺の1281世帯2986人に避難指示が発令された</b>(写真=毎日新聞社/アフロ)
1月22日、潤滑油の製造設備から出火した旧東燃ゼネラル石油和歌山工場(現・JXTG和歌山製油所)。周辺の1281世帯2986人に避難指示が発令された(写真=毎日新聞社/アフロ)

 「わずか3カ月の間に、3回も炎上事故が起きるなんて異常事態だ。私が在籍していた20年前では考えられなかったこと。現場が劣化している」。和歌山県有田市の旧東燃ゼネラル石油和歌山工場(現・JXTGエネルギー和歌山製油所)のOBで、現在の内部事情にも詳しい男性はそう証言する。

 1月22日午後3時半ごろ、潤滑油製造装置から火の手が上がった。腐食した配管からガスが漏れ、火が付いた。その後40時間燃え続け、約850平方メートルが焼失した。住宅密集地に隣接していたため、有田市は周辺の1281世帯、2986人に避難指示を発令。住民は避難所の体育館で眠れぬ夜を過ごした。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3178文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 石油再編の果て」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。