取材を拒否し続けたJXTG。だが、彼らが語ろうとしない理由は、現場から浮かび上がってくる。高い価格と不透明な取引慣行で、町のガソリンスタンドは巨体に押しつぶされようとしている。

 「他社のトップはインタビューを受けるのか」

 JXTGグループの広報幹部は、電話口で何度もそう繰り返した。

 5月半ば、「石油再編の未来」について経営トップを務めるJXTGホールディングス代表取締役会長、木村康の取材を依頼した時のこと。前月、JXホールディングスは東燃ゼネラル石油(TG)と統合して、ガソリン販売シェア50%という巨大なトップ企業となった。2位の出光興産も昨年末に昭和シェル石油の株式の3割強を取得してグループ化し、シェア30%を握る。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3794文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 石油再編の果て」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。