想像以上に財布のひもが固いお金持ち。富裕層向けビジネスの急拡大は望めそうにない。消費意欲のさらなる拡大が望めるのは本物の富裕層ではなく、プチ富裕層と上昇志向庶民だ。企業がより取り組むべき「真の富裕層ビジネス」を展望する。

マーケットエンタープライズが提供する富裕層向けの出張買い取りサービス。貴金属や宝石のほか、鉄道模型や家具などを買い取る(写真=北山 宏一)

 「モノを売りつけられるのは真っ平ごめんだが、自分が持っているものを買い取ってくれるという。それなら話を聞いてみようと思った」。億単位の資産を保有し、3年前に引退した元企業経営者、渡辺幸三氏(仮名、75歳)はこう話す。

 渡辺氏が利用したのは、東京都中央区に本社を置くマーケットエンタープライズが提供する、主に富裕層を対象にした愛用品買い取りサービスだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4265文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 富裕層はどこへ行った?」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。