この国の富裕層の大半は「企業オーナー」「医師」「地主」の3職種が占めている。消費に対する考え方は人それぞれだが、いずれの富裕層にも共通することが1つある。「少なくとも国内で、今から大きなカネを使う予定はない」だ。