民営化から約30年を経て、たばこの世界トップを目指せるまでになったJT。本業は世界的な規制が広がり、食品など多角化事業の育成も道半ばだ。30年先には「たばこ会社」を超えるような自己変革の道を模索する。