たばこ市場の成長余地が狭まる中で、JTは将来の事業モデルを模索している。市場縮小と規制強化というグローバリズムの限界は、いつか他の産業も襲う。「我々とは何者か」。経営陣はその哲学的命題を自らに問い続ける必要がある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5667文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 JT かすむ未来図」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。