JTの経営で長らく称賛の対象となってきた海外事業が今、岐路に立たされている。先進国市場では規制強化の逆風が吹き、新興国市場の開拓は道半ばだ。市場の「限界」が近づくなか、持続成長に向けたハードルは高まる。