JTの経営で長らく称賛の対象となってきた海外事業が今、岐路に立たされている。先進国市場では規制強化の逆風が吹き、新興国市場の開拓は道半ばだ。市場の「限界」が近づくなか、持続成長に向けたハードルは高まる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6831文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 JT かすむ未来図」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。