社内通貨「ウィル」で仕事をやり取りするディスコ。この会社には、命令でやらされる仕事はほぼない。代わりに必要なのは、自分で仕事を探すやる気とそれをやり遂げる力。頑張るほど報酬が増える仕組みの下で、やる気に火がついた6人の社員の実録。

「来週やりたいことがある」としてフリーの立場を“落札”した松本さん。同僚から頼まれている仕事もこなしてウィルを稼ぐつもりだという(炎=-M-I-S-H-A-/Getty Images(以後すべて同じ))
呉工場
松本晃子さん(56歳、仮名)

ウィルを払って自由を得る

 「田中さん、バラシです」「松森さん、厚みです」──。5月上旬のとある夕方。ディスコの主力生産拠点である呉工場(広島県呉市)では、切断用砥石の製造ラインで翌週に誰がどの工程を担当するかを決めていた。ホワイトボードに示された業務の中から、翌週に自分がやりたい仕事を一人ひとり選んでいく。バラシとは最終の検査、厚みとは砥石の素材の測定工程のことだ。

 作業ごとに、1週間分の報酬額が決まっている。単位は「Will(ウィル)」。ディスコの社内通貨だ。原則、1ウィル当たり1円の価値がある。この時、バラシなら7万2000ウィルの報酬だったが、価格はこの作業をできるスキルを持った人の数などで上下する。

 翌週にたくさん稼ぎたい人は単価の高い仕事を選び、あまり無理したくない人は単価が安くても負担の軽い仕事を選ぶ。仕事を選ぶ順番は入札で決める。最も多いウィルを提示した人から、好きな仕事を選んでいく仕組みだ。

 自分の仕事は自分で決める。これがディスコの超個人主義経営の神髄だ。そのための仕掛けがウィル。社内通貨をやり取りすることで、頑張るほど報酬が増えるから、社員は仕事に対するモチベーションを高めていける。

 ウィルを稼げるのは生産ラインの中だけではない。目先のウィルにとらわれず、「より稼ぐ」ために自分のやりたいことを実践するための仕掛けもある。

 呉工場の精密ダイヤ製造二部の松本晃子さん(56、仮名)の例を見てみよう。松本さんはこの日、仕事を選ぶ順番を決める入札に1万3750ウィルを投じて応札した。狙った仕事は「フリー」。文字通り、勤務時間に好きなことをすることが仕事となる。

 松本さんはサボるために「フリー」を狙ったわけではない。この時、松本さんの職場では生産効率を上げるためにフロアをきれいに保つことが改善のテーマだった。

 「来週はそれぞれの作業現場で視界をさえぎるものを動かしたい。机をよけて何もない状態にしてみたり、スクリーンを別の位置に動かしてみたりして、見通しをよくしたい」。日々、働く中で気づいた改善案を実際に試してみるのだという。

 入札の結果、松本さんは早い順番を押さえることができ、狙い通り「フリー」を得ることができた。ただ、ラインに入って製品を作るわけではないので、報酬はゼロだ。それでも松本さんが選んだのは、しっかり稼げる算段があるからだ。

 呉工場では松本さんのように自主的な改善提案について、1件当たり1万ウィルが支払われることになっている。松本さんは次週に4つの改善提案をするつもりだという。つまり、入札に1万ウィル以上をかけても十分にもうかる。まずは、確実に「フリー」の時間を得ることが、この日の松本さんには必要だったわけだ。

 ディスコではこうした業務の効率を上げるために無駄を見つけて改善したり、新たな方法を作り出したりすることを「メソッドチェンジ(MC)」と呼ぶ。一般的なメーカーなら改善提案に近い活動だ。提案すれば、ウィルが増える。だから、ディスコ社員のカイゼン意欲は高い。

 そしてMCを使ってさらにウィルを稼げる仕組みもある。

それぞれが次週担当する仕事を決めるオークションが毎週行われる(写真=田頭 義憲)