4期連続最高益でROEは19.3%。ディスコは隠れた高収益・高効率企業だ。個人単位で仕事の収支を明確に見せる独自の「ウィル経営」がその原動力。京セラの「アメーバ経営」をも超える、新たな経営モデルになるだろうか。

ディスコの2棟の本社ビルは「空中廊下」でつながる。そんなオフィス環境も新たな発想を促す(写真=村田 和聡)

 恐らく世界を見回しても、めったにないだろう独特の経営を展開する企業がある。半導体の切断・研削装置で世界シェア7割を持つディスコだ。

 2018年3月期の売上高は約1674億円で5期連続の最高、営業利益は510億円で4期連続で最高益を更新している(下のグラフ参照)。粗利益率は59.2%で、自己資本をどれだけうまく使って純利益を生み出したかを見るROE(自己資本利益率)は19.3%。知る人ぞ知る高収益かつ高効率企業だ。

半導体市場の成長とともに 売り上げも伸長
●ディスコの業績推移

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1904文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 ポストアメーバ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。