経営者にとっての永遠の課題。それは社員の経営参加意識をどう高めるか、ではないだろうか。組織を小集団に分けて、それぞれで独立運営させるアメーバ経営は解決策の一つ。そのアメーバとは別に、独自に個人が主体となった経営を目指す企業がある。半導体製造装置のディスコ。たどり着いた超個人主義経営の神髄とは。

(主任編集委員 田村 賢司、庄司 容子)

CONTENTS


この記事は会員登録で続きをご覧いただけます