日産自動車が三菱自動車を傘下に入れるのは、ブランドや技術を手に入れることだけが目的ではない。規模を拡大し「1000万台クラブ」の仲間入りを果たすことが、パラダイムシフトを生き抜くには欠かせないためだ。