相関図からは、仏ルノー・日産自動車の連合が突出して国際色豊かであることが分かる。2010年に両社は独ダイムラーと提携。日産「スカイライン」にダイムラーのブランドであるメルセデス・ベンツのエンジンを搭載して話題を呼んだ。エンジンは自動車メーカーにとって「心臓」とも言える。コスト削減のために聖域を設けない大胆な提携戦略を進めている。2014年にはロシアのアフトワズの経営権も取得。ここに三菱自動車が加われば、国境を越えた改革がさらに進展すると考えられる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り505文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 三菱、必然の凋落」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。