三菱自動車の燃費不正問題は、日産自動車によるスピード救済という奇手で一定の決着を見た。両社が経営危機に陥ってからの足取りが、出資する側とされる側という立場の違いを生んだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5724文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 三菱、必然の凋落」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。