三菱自動車の燃費不正問題は、日産自動車によるスピード救済という奇手で一定の決着を見た。両社が経営危機に陥ってからの足取りが、出資する側とされる側という立場の違いを生んだ。