苛烈化する労働基準監督署の取り締まりのターゲットになっているのは、ブラック企業だけではない。普通の会社が当たり前のように実践してきた働き方が「厳密には違法」と指摘される事態も増えてきた。いかに言い訳しようとも、労基署はもう「グレーな働き方」を見逃さない。

(写真=北山 宏一)
(写真=北山 宏一)

 「社員が一人ひとり、黒いワゴン車に“連行”される様子を見た時は、冷や汗が流れた」。鹿児島県で約80年続く旅館の3代目経営者A社長は労基署の再調査が入った日をこう振り返る。

 肌が滑らかになる「炭酸水素塩泉質」による源泉掛け流しの露天風呂が自慢で、直近の年商は約30億円。約100人を雇用し、旅行不況といわれる中で堅実な経営を続けてきた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6494文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 労基署はもう見逃さない」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。