東京五輪の10年後、都市部の不動産価格はどうなっているか。主要な駅ごとに人口動態など多様なデータを使いシミュレーションした。

 今も昔も「人生最大の買い物」である住宅。だが、売り手と買い手の情報格差は大きく、多くの人は手探りの状態で売買を決断しているのが実情だろう。

 国立社会保障・人口問題研究所の推計では、住宅需要と直結する世帯数が2025年に東京圏(埼玉、千葉、東京、神奈川)でも減少に転じる。住宅市場に構造的な押し下げ要因が加わる中で、不動産価格の行方は気になるところだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3858文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 2030年の負動産」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。