韓国勢が量産化で先行する有機EL市場だが、陰で支えているのは日本の企業だ。パネルの製造に必須な部材と装置分野は、液晶同様に日本が存在感を発揮する。新市場をけん引する“主役”が日本に現れれば、黒子の重要性はさらに高まる。