「液晶の次」と言われ続けてきた有機EL市場がいよいよ成長ステージに入った。韓国のLG、サムスングループを筆頭に、東アジアで投資合戦が加速する。先行する韓国パネル陣営の最前線と、中国、日本の現状を取材した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4669文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 有機ELの破壊力」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。