ヤマト運輸が、働き方改革を含む宅配便事業の構造改革に着手した。最大の課題は、当日配達を含むネット通販の拡大に、今後、どう向き合うかだ。描いたビジョンをすべて実現するには、乗り越えなければならないハードルは多い。

 ヤマト運輸による大口顧客との取引条件の見直しが波紋を広げている。

 インターネット通販大手アスクルは、個人向けサービス「ロハコ」で5月16日から、当日配達を大半の地域で休止した。ヤマトからの要請を受けた格好だ。当日配達の範囲は、従来の13都府県から、ヤマト以外の物流会社に委託している自前配達地域(東京都9区と大阪市5区)に縮小された。伊藤忠商事は、ヤフーの競売サイト「ヤフオク!」の商品をコンビニエンスストアから配達するサービス「はこBOON」を7月から一時休止する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4702文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 ヤマトの誤算」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。