現場の混乱が臨界点に達するまでには、様々なシグナルが発せられていた。アマゾンとの取引や多角化戦略など、宅配危機の背景には3つの誤算がある。外部環境の変化だけに原因を求めると、宅配危機は再発する恐れがある。

 大阪市内でヤマト運輸から宅配の委託を受けている40代のドライバーAさんは3月以降、仕事が急増している。原因は皮肉にも、ヤマトの働き方改革だ。社員の残業を減らすために、効率が悪く時間がかかる仕事を押し付けられているという。

 これまで朝は、委託ドライバーごとに既に荷物は仕分けされた状態だったが、今は粗い仕分けの状態で置かれている。そのためAさんは朝の仕分け作業が必要になり、3月以降は従来より30分早い7時半には営業所に着くようにしている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6575文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 ヤマトの誤算」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。