宅配最大手ヤマトホールディングスが大きな試練に直面している。アマゾンジャパンなどネット通販の荷物が急増。宅配ドライバーのサービス残業が深刻化していた。経営陣は人手不足など外部環境の変化が主な原因だと言う。「宅急便」は時代に先駆けた取り組みで支持されてきた。しかし今、構造改革に伴うサービス後退が避けられない。なぜ、こんな事態になってしまったのか。ヤマトの誤算を徹底検証する。

(大西 孝弘、村上 富美、大竹 剛)

宅急便の取扱個数が急増する一方、営業利益は10年前からほぼ横ばい
●ヤマトホールディングスの宅急便の取扱個数と連結営業利益の推移

CONTENTS


日経ビジネスオンラインに関連記事を掲載します。

日経ビジネス2017年5月29日号 26~27ページより目次