社会の対立をあおる過激な嘘や、広告収入目当ての作り話に人々が目を輝かせる。世間の関心を知り尽くした嘘つきと、真実に向き合いたくないネット利用者。両者の「共謀」でフェイク(偽)ニュースが拡散していく。

ロシアのプーチン大統領(左)の指示で、国営メディアを率いるマルガリータ・シモニャン氏(右)がプロパガンダを遂行していると、西側の情報機関はみている(写真=ユニフォトプレス)

 「私たちは主要メディアとは異なる視点でニュースを報じているだけ。根拠のない批判を受けている」

 マルガリータ・シモニャン氏は本誌に対して憤りをあらわにした。ロシアの西側に対するプロパガンダ(政治宣伝)で中心的役割を担っているとして、米中央情報局(CIA)などが注視する人物だ。彼女を無視して米国などで猛威を振るう「フェイクニュース」を語るのは、逆に失礼に当たるだろう。