社会の対立をあおる過激な嘘や、広告収入目当ての作り話に人々が目を輝かせる。世間の関心を知り尽くした嘘つきと、真実に向き合いたくないネット利用者。両者の「共謀」でフェイク(偽)ニュースが拡散していく。

<span class="fontBold">ロシアのプーチン大統領(左)の指示で、国営メディアを率いるマルガリータ・シモニャン氏(右)がプロパガンダを遂行していると、西側の情報機関はみている</span>(写真=ユニフォトプレス)
ロシアのプーチン大統領(左)の指示で、国営メディアを率いるマルガリータ・シモニャン氏(右)がプロパガンダを遂行していると、西側の情報機関はみている(写真=ユニフォトプレス)

 「私たちは主要メディアとは異なる視点でニュースを報じているだけ。根拠のない批判を受けている」

 マルガリータ・シモニャン氏は本誌に対して憤りをあらわにした。ロシアの西側に対するプロパガンダ(政治宣伝)で中心的役割を担っているとして、米中央情報局(CIA)などが注視する人物だ。彼女を無視して米国などで猛威を振るう「フェイクニュース」を語るのは、逆に失礼に当たるだろう。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6990文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 7社が隠す個人情報」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。