検索からメール、音楽に買い物。ネット大手のサービス抜きで我々の生活は成り立たない。だが、どんな個人情報をどれだけ保持し、活用しているかは不透明なままだ。法律で認められた権利である「開示請求」を試みると、驚きの結果が待っていた。

 「フェイスブックはユーザーの個人情報を自社のものと考えているのか」

 「いいえ。ユーザーはフェイスブック上の情報をコントロールできます」

 米フェイスブックの個人情報不正流出問題に関し4月、米議会の公聴会で証言したマーク・ザッカーバーグCEO(最高経営責任者)は、自社内に保管されている個人情報はあくまでユーザー自身のものだと明言した。

 この言葉は本当だろうか。情報をコントロールするには、企業がどんな個人情報を持っているのか把握する必要がある。サービスの利用規約などに一定のルールは書かれているのだろうが、中身を吟味する人は珍しいはずだ。

 そこで4月28~29日、インターネットサービス大手各社のプライバシー関連窓口に、一人のユーザーとしてこんな要請をしてみた。「所有している私の全個人情報を開示してください」

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り7417文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 7社が隠す個人情報」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。