データがカネを生む。それを世に知らしめたのは米グーグルだ。検索キーワードから消費者の興味や関心事を可視化し、特定の消費者に出す「キーワード広告」を生み出した。2015年、広告だけで売上高673億9000万ドル(約7兆3000億円)を稼いでいる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2018文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 データ資本主義」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。