データがカネを生む。それを世に知らしめたのは米グーグルだ。検索キーワードから消費者の興味や関心事を可視化し、特定の消費者に出す「キーワード広告」を生み出した。2015年、広告だけで売上高673億9000万ドル(約7兆3000億円)を稼いでいる。