あらゆるデータを自由に売買する「東京データ取引所」が現実味を帯びてきた。データ流通によって新製品、新サービスが続々と生まれ、競争原理はがらりと変わる。「データ資本主義」の思想にシフトできない企業は淘汰される。