AIで出遅れが目立つ日本勢。敗色濃厚な状況下でどのような勝ち筋があるのか。自社の強みを見つめ直し、具体的な製品やサービスでAIを活用することが欠かせない。

「AIを活用することで産業として勝てないと意味はない」と語る東京大学大学院の特任准教授、松尾豊氏(写真=的野 弘路)

 「AIで日本企業は、もう敗色濃厚というか、投了寸前の状態にある。生き残るためにはどこに勝ち筋があるのかを早急に見つけなければならない」

 こう警鐘を鳴らすのは東京大学大学院の特任准教授、松尾豊氏だ。ディープラーニングなど先端的なAI研究に詳しい松尾氏の研究室には、多くの日本企業の関係者が頻繁に訪れる。

 その際に松尾氏は強い不安を覚えることが多い。「具体的に何をしたいのかがはっきりせず、焦点が合っていない企業が大半だ。AIがブームになって2~3年がたっても、技術の議論が全然深まっていない」(松尾氏)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2256文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 AI 世界制覇の攻防」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。