市場は縮小傾向、食の安全問題も相次ぐ バブル崩壊まで市場は急拡大。1997年にピークを迎え、以降、市場は減少傾向にある。最近は食の安全や労務に関する不祥事が相次いでいる。