外食大手の新業態開発は死屍累々の歴史だ。大企業病によって店の個性や創造性が阻まれて、創業者のアイデアに満ちた「個店」に負ける。消費者よりも組織の論理を優先する業界の行き詰まりを象徴している。