「歴史ある会社を建て直す。今日は両社にとって素晴らしい日だ」 4月2日土曜日、台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業の郭台銘董事長はこう宣言した。隣に座るのは、VUCAの時代に従来戦略が通用しなくなり、今日の衰退を迎えたシャープの髙橋興三社長(PART1参照)。同日、鴻海はシャープとの買収契約を締結した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4658文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 強い会社は会議がない」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。