役員の前に巨大なモニターが置かれ、今後の経営方針が次々に映し出される。事実上、CEO(最高経営責任者)を務めるAI(人工知能)が、国際関係や市場環境、天候などあらゆるデータを計算しはじき出した結論だ。企業買収から事業進出・撤退までどんな難題も次々に意思決定が下されていく…。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3629文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 強い会社は会議がない」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。