即断即決の経営を進めるには、意思決定の仕組みを見直すとともに、会議を減らす努力も欠かせない。日本人が会議をやめられないのは「会社の形」「脳」に問題があるからだ。早く決めればそれだけ成長できる。「今、やるべき経営」は小学生でも分かる単純なものだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4043文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 強い会社は会議がない」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。