日本企業が顧客の奪い合いに弱くなった背景には、国内産業における序列の固定化がある。激しいシェア争いをする機会が減った結果、競合相手と喧嘩する意欲と技術がなくなった。だが、成熟社会を生きるには、顧客を奪い取る技術を磨き直すことが欠かせない。