「既存市場に強引に参入してシェアを競う気はありません。安売り競争を避け、高いシェアを取れる可能性のある分野に経営資源を集中して切り開く『ジャンルトップ戦略』が要です」