中国の景気減速の象徴である鉄余りは根深く、当分解消されそうにない。欧州や韓国では、バブル崩壊後の日本を彷彿させる光景が広がり始めている。現実味を帯びる世界経済の長期停滞。企業は世界デフレを生き抜かねばならない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り7071文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 迫る世界デフレ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。