世代間の不公平を解消しようと、高齢者たちも行動を起こし始めた。「2025年問題」はリスクでもあり、日本人の「死生観」を変えるチャンスでもある。