地域社会で高齢者が数々のトラブルを引き起こし、社会保障費は増大の一途をたどる。「団塊の世代」がすべて後期高齢者になる2025年、悪夢のシナリオも現実味を帯びる。