法規制の包囲網の中にある薬局だが、「顧客」視点に立った創意工夫の余地は大きい。医療におけるイノベーションを起こすための5つの条件を提示する。

<span class="fontBold">あけぼの薬局内守谷店(茨城県常総市)では、ドライブスルーを採用するなど、患者視点の店づくりを実現している</span>(写真=菊池 一郎)
あけぼの薬局内守谷店(茨城県常総市)では、ドライブスルーを採用するなど、患者視点の店づくりを実現している(写真=菊池 一郎)

 日本の医療はかつてない危機を迎えている。後期高齢者層が急増し、2025年度に国民医療費は54兆円へと膨れ上がる見通しだ。

 一方で、医療・介護サービスが患者のニーズに応えてきたとは言い難い。「費用」は極力抑えながら、サービスの「質」は引き上げる。難しい挑戦だが、そこに「解」がないわけではない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2133文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 薬局解体」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。