急拡大するセンサー市場に、世界の電子部品メーカーが続々と参入している。匠の技・ご用聞き・すり合わせという日本製造業の「特技」が、再び脚光を浴びる時代になる。