IoTのさらなる広がりで、センサーが世の中の至る所にばらまかれることになる。そんな「トリリオンセンサー時代」を生き抜くカギは、昆虫の触角の中にさえも眠っていた。