既得権益を守った東電改革は、国民やメーカー、電力会社に犠牲を強いる。市場を無視した救済はモラルハザードを引き起こし、日本経済の活力を奪う。