税金の投入で特別に存続を許された東京電力の内部では、会長と社長が反目し合っていた。政府はトップ人事に介入し、大物経営者を会長に、改革派の若手を社長に抜擢した。