テクノロジーの進化によってマーケティングや顧客獲得、消費者との接点が変わりつつある。既存の店舗やEC(電子商取引)でのショッピング体験を超越する、新たな地平を見ていこう。

音声AI(人工知能)アシスタント機能「グーグルアシスタント」を搭載したスマートスピーカー「グーグルホーム」(写真=吉田 健一)
こちらは「アレクサ」を搭載した「アマゾンエコー」。他に小型の「エコードット」、スクリーンを搭載した「エコーショー」がある(写真=吉田 健一)

増加する音声AIの活用
●アマゾン「アレクサ」向けサービスの数
出所:Voicebot.ai 注:米国の数字、日付時点、数字はアレクサに 機能を追加する「スキル」の数
音声で売る
イーベイ(米)、ドミノ・ピザ(米)
企業を震撼させる“AIスピーカー”

 昨年秋に日本でも発売になった米アマゾン・ドット・コムや米グーグルのAI(人工知能)スピーカー。最近は「話しかけることがなくなった」といった声がちらほら聞こえてくる。

 だが、米国では「アマゾンエコー」や「グーグルホーム」などAIスピーカーを用いた“音声ショッピング”が一般的になりつつある。英国のコンサルティング会社、OC&Cストラテジーコンサルタンツは、音声による買い物が米国と英国で現在の20億ドル(約2200億円)から2022年に450億ドル(約4兆9500億円)へと拡大していくとみる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6990文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 「インスタ映え」を超える顧客獲得術」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。